0287-22-4047

無料相談予約:9:00~18:00 (土日祝要予約)

最新の解決事例

2017.11.09
疎遠だった父が事故をし、その損害賠償金を相続放棄した事例

状況

Dさん(40代・女性)のところに遠方の他県の弁護士から手紙が届きました。Dさんの父が他県で交通事故を起こし、死亡した。事故はDさんの父の過失によるもので、事故の相手方も重い傷害を負ったが、父が自動車保険に入っていなかったため、相手方にお金は払われなかった。父に財産はなく、損害賠償金は相続人であるDさんに請求することになる、という内容でした。

Dさんは幼い頃両親が離婚し、母に引き取られ、以来一度も父と会ったことはありませんでした。

当事務所からのご提案

Dさんが父の死亡を知って3か月以内に裁判所に相続放棄を申し立てれば、父の負った損害賠償債務を引き継がなくて済みます。
そのため、当事務所では相続放棄をおすすめしました。

結果

当事務所が相続放棄申立書を作成し、裁判所に提出、無事相続放棄が受理されました。『相続放棄申述受理証明書』を裁判所から取得し、相手方弁護士に送付して終了となりました。

交通事故の相手方には大変お気の毒なことですが、高額な損害賠償債務を相続したらDさんの人生はめちゃめちゃになってしまいます。やむを得ない選択でした。

PAGETOP